鎌倉散策

鎌倉へおでかけしてきました*

久しぶりの鎌倉。
すっごく良いお天気。
この日は「ハイキングしたい&藤がみたい!」ということで
北鎌倉の建長寺〜大平山を通って、瑞泉寺へ。


建長寺。
お花がたくさん咲いていました。
シャクヤクかと現地では思っていたのだけれど、ちゃんと調べてみたら牡丹のよう。
わかりやすい違いとしては、葉っぱで見分けるのですって。
(葉が切れ込みが入っていたら牡丹、切れてなければシャクヤクと。。)

普段手品でお世話になっている牡丹(の造花の一部にお世話になっています)だけど、
こうしてしっかり生で見るのは初めてかも。
とんとんと咲並んでいて、初っ端からテンション上がりました。
素敵スタート。

 



建長寺三門!
この地味さといいますか重さが好きです。



この日建長寺では金澤翔子書展が開かれてました。
書道家の金澤翔子さん。
(印象的なプロフィールの一つとして、大河ドラマ「平清盛」の題字を書かれた方)

ちらりと覗くつもりで寄ったのだけど、これがとっても楽しかった。
確かに感じるままに気のままに書かれている感。
文字から感じる空気とか気持ちを楽しめる書で、あまり書道に明るくない私には、とても新鮮で親しみやすかったです。
特に素敵だなぁと思ったのが、「春は花夏ほととぎす秋は月冬雪さえて涼しかりけり」かなぁ。
他のところにも「雪月花」等、月を書かれていたんだけど、翔子さんの書かれる「月」って文字がすごく可愛らしい。
繊細にでもふんわりゆらゆらしてて、どちらかというとお空に浮いている月よりも、水に映っている月みたいだなぁと思えて、楽しい感覚になれました。

せっかくなので金澤翔子さんの公式HPアドレス、載っけておきます。
公式HP:http://www.k-shoko.org


さて続き。
建長寺の裏、天狗様達を超えていくと、大平山。



うみがーみえるよー!
お寺の先を上がって、山を登ると、海が見える!
かまくらーって感じ。笑
きもちいー!


大平山って、とっても素敵なハイキングコースね。
適量適度で、時折木の隙間から見える景色も良くて、時々難しい場所があって(笑)
大満足。
もっと歩いていたかったくらい、気持ちの良い場所でした。

それにご家族連れさんや、わんこ連れさんがいらしてて微笑ましい。笑
緑もちょうど、爽やかな色の頃。
この時期は山藤が咲いていました。

夢中で歩いていたので写真は撮れていません大平山w



大平山を降りると、瑞泉寺。



うーん、空気あるー。
素敵な階段。




天女洞。
鎌倉には何回も来ていたものの、ここは実は初めて来たかも。
これは初めて見たらどきりとする。




瑞泉寺の藤は、まだ満開前みたいでした。
半咲きでしたけれども、綺麗なお庭の中でゆっくりできる場所で心地よいです。


さあさあ、瑞泉寺まで降りたら鎌倉へ。


八幡さまー!!



懐かしい愛おしいの八幡さま。
私の青春時代の思い出たくさんな場所。




つつじに囲まれた源平池。
その先の休憩所では、藤が満開でした。
やった*









いいですね、藤。
嬉しくてたくさんお写真撮ってきてしまった。

八幡さまにこんなに綺麗に藤が咲くところがあるなんて知らなかったー。



八幡さまのあとには小町通りを抜けまして
まだ暗くなるまで時間あるかな!?ってことで、
海まで足を伸ばしてきました++

懐かしの若宮大路を抜けて、
由比ヶ浜ー!!



あはは、暗い暗い!
でもぎりぎりまだ暗くない!!



久しぶりの海きもちーい!
ちょっぴりお散歩できました*

ああ、大満足。
お寺に、山に、海と、鎌倉を存分に楽しんだなぁ!って1日でした。


また行きたいなぁ鎌倉!
今度は違う季節に行けたらいいなと思います。


春の鎌倉、満喫してきました!*



諏訪でした!2日目

諏訪2日目!

1日目の夜、ライブから帰ってきた私はばたんきゅしてしまったので…
2日目は、朝5時前に起きて、露天温泉風呂いただいてきましたー!!
暗いうちからだんだん明るくなる露天温泉、、至福だったよー、、
でも6時前にはだんだん朝風呂される方がいらしてました。みんなすごい。早起きなんだな。。

朝風呂から上がってくると、ロビー?になんとねこさまがいらっしゃいまして、遊んでいただきました…!



 

昨日は見なかったのになー。朝だけこのストーブの前で、ちょこんと座布団に座っていらっしゃいました。
置物みたいに綺麗に座ってる子だったけど、撫でても嫌な顔せず遊んでくださって、朝風呂からの猫さんとはなんと素敵な1日のスタートだろうと思いました。


朝ご飯後は諏訪巡りへ!!
まずは、間欠泉へ!すっごい湧き上り!!
朝だったのに観光客さんも結構いらしてました。



間欠泉のすぐ隣には、足湯がありました。。
まだ諏訪は肌寒くて、それがちょうど気持ちいい。
目の前に諏訪湖をのぞみつつ、背中には桜道で、3人並んで足湯。
のんびりいい空気。


(↑お写真:チャーリーさんより*)

足湯後はお味噌屋さん(工場)に連れてっていただき、胡麻味噌ソフトをご馳走になりました*
美味しかったー!
またお店にはたくさんの種類のお味噌が売っていたのですが(ピーナッツ味噌が美味しかった)、うう、買いたかったけど、我慢。
実家とかならお土産の買い甲斐もあるのだけど、という。
でも次また行ったら買ってしまうかもしれない。
あの美味しさが未だに残ってるくらい美味しかったから。


続いて、電車で下諏訪へ連れてってもらいました!



諏訪大社 下社秋宮!



おっきな注連縄…*



 
これがお話に聞いていた御柱…!
チャーリーさんから道中、御柱の伝統やお祭りについてお話ししてもらってました。
(チャーリーさん諏訪にすごく詳しいです。あれなんですか?って質問しても、答えてくれちゃうという。)
また街の色んなところで御柱の絵も見たから、こうして立っているのを見ると、うわぁこれが!!という気持ち。

そしてここ、手水舎ではなくなんと手湯舎…!
そう温泉なのです!!


(↑お写真:チャーリーさんより*)

あっつ!めっちゃあっつかった!!


続きまして、
伏見屋邸!



(↑お写真:チャーリーさんより*)

旧商家のおうちです。
今現在は休憩所として解放されていて、また諏訪のお写真が展示されていたり、地域の交流の場にもなっているようです。




おこたでお茶と、おいしい野沢菜と、かんてんゼリーをご馳走になってきました。。
それにしてもこの階段棚!!素敵じゃないですか!?
もう惚れ惚れですよ、、、いいなぁ。ときめくなぁ。


慈雲寺!



ここの桜は見事に満開でした。きれーい*



中に進むとまずとにかく、立派な松に圧倒されました。
え、こんなすごい松見たことない!って思いました。
この写真じゃなにも凄さが伝わらないけど、、とても力強く波打っていて、複雑に広がっていて、とても立派な松でした。
お庭にはまだ梅も咲いていて、静かな綺麗なお寺でした。

その後は諏訪大社下社春宮へ行って、万治の石仏さまにもお会いして*

最後は山菜そば&とろろご飯でシメでした!





本当に諏訪の魅力を存分に味あわせてもらって、幸せでした!!
今回のイベントはそもそもがチャーリーさんがずっと主催されているものですが、でもイベント以外の観光でのいつどこに行くかも、ぜーんぶチャーリーさんが考えて予定立ててくださったんですよ…++
おかげで、すっかり諏訪が好きになってしまいました。
また絶対行きます。

そして今回、仲街よみさんとチャーリーさんというこのお二人とご一緒できて、本当に楽しかった!
このお二人とだったからこそこんなに楽しめたのだろうと思って、感謝しています。
よみさん、チャーリーさん、ありがとうございました。

また皆で諏訪に行ける日があることを、願っています!!





京都の紅葉はすごかった

ハイ。ちょっと前ですけど、京都に行ってきました!!



場所は嵐山。

くはー。やっぱりいいですのう。
そして久々にがっつり紅葉を見たけど、、
紅葉って、すんごい重い。
ずっしり。どっしり。
見たときちょっとショックでした。
「こんなん敵わんわ…!」って。笑





でもやっぱり生見るっていいね。
行ってよかったぁ。



あ、この橋のちかくのコロッケおいしかったです!↑


そのほか、京大文化祭の手品サークルの発表会を見てきたり!
(楽しかった!うまかった!)
関西の手品サークル ソルトを見学させていただいたり!
(素敵な団体でした…うらやま)

ちょろっと週末だけ行ってきた短い京都旅行だったけど、またすぐ行きたくなるような楽しい旅でした。
そのうちまた遊びに行くと思います。
その時はみなさま、またどうぞ宜しくお願いいたします*





展示巡り*

先週のおはなしですが近代美術館に行ってきました*
ミシェル・ゴンドリーと、新たな系譜学を求めて、の展示に。
ミシェルゴンドリーは恥ずかしながらココで初めて認識したんですけれど、すごい素敵な映像たくさんでめっちゃテンションあがってきました…
計算された組み合わせとか、デジタルとアナログのごっちゃ具合とか、現実とファンタジーの混ざり具合がとても美味しい。
ひたすらビョークのPV漁りをしたくなりました。笑

そして作品展示のほかに、こんな素敵撮影セットブースがあったー!!



たからものすてたごみのやま。



路地裏!天井が切れてるので分かりやすいと思いますが本物じゃなくてセットです!

楽しかった…。。。

あと系譜は、一個とってもいい展示がありました。
あれは新体験。いい経験をしたなぁ。という。
写真もないしうまく説明できないんですけれど、あれは本当に違う場所の空気を感じている、もしくは、新しい感覚や認識を体感している、ってかんじ で、ときめきました。

そして最後は小林賢太郎の展示へ。



作品自体もだけど、構想のメモ書きとかをたくさん観れたことがとても嬉しく興味深かったです。


楽しかった、、やっぱり美術館って素敵だなぁ。
もっと色々行きたいものです。





京都観光♪

星見里翌日は、京都観光してきました*

清水寺行って、
二年坂三年坂通って、
祇園行って、
GEAR!
という基本コースで♪


京都は緑がすぐ近くにあっていいなぁ。
清水寺はやっぱりきれいでした。
いいなぁ。3ヶ月くらい京都に住みたい。


二年坂三年坂では、夢二カフェがあったよ!!!



夢二カフェは、中に入れなかったのですが、とてもいい感じの建物で内装・家具も大正明治のそのものっぽかった。。素敵でした。
いつか絶対いってやる。そして行くなら着物で行きたい。


祇園はアーケードの街頭に素敵なやつはしのお店がv
可愛かった!
好きなあんこと、好きな皮をチョイスすると、こんな可愛い感じに盛り付けてくれるんです♪



これでなんとお値段80円。。80円でこの幸せ感はすっごく安いです。
また行きたい!
ごちそうさまでした*


最後はギア行ってきました!やったー!やっとやっと!



沢山勉強になりよかったです。。ああいうショーケースはパフォーマーとしてあこがれます。
ドール可愛すぎました。。そして昔に一回だけ舞台ご一緒したことのあるマジシャンさんが、めっちゃ格好良くなってて圧倒されました。笑
ふぁきらさんもどんどん綺麗になられてて、良いもの見た。
今度は、以前から好きなアクターさんがいらっしゃるときを狙って、また行ってきたいと思います*


そして帰りの新幹線では友達に勧められた本を買って、読書、、小林賢太郎。。



集中してしまって、電車乗り過ごしました←
でもとても読みやすくて一気に読めます。
大変勉強になりましたし、刺激になりました。
いいものを教えてくれたSちゃん、どうもありがとう!


大変充実した週末でした*
ご一緒してくださったみなさま、どうもありがとうございました。

また京都に行くときにはかまってやってくださいね♪





sidetitleプロフィールsidetitle


「いつか見た 夢のような世界」を作り出す和風手品師
その世界はどこか儚く、美しい



名前:
 izuma
公式HP:
http://www.magic-izuma.com
特技:
 手品・ジャグリング・舞台
経歴:
 色彩やストーリーに重きを置く手品師。
幻想的な世界観と表現力が評価され、文化庁芸術団体主催「Magic of MAGIC」やアジア大会に出演。
2011年にはマジックの世界大会FISMの日本代表となり、アジア予選に出場。
東京都公認ヘブンアーティスト合格パフォーマー
近年では香港・マカオなど海外の舞台にも出演。 その他ダンス・大道芸イベントなどでも活動の幅を広げている。

 過去出演舞台一覧

お仕事・お問い合わせ・その他メールはこちらへ↓
sidetitleヒトコトsidetitle

ごあいさつ

 手品師のizumaです。
ここでは私のパフォーマンス活動のご報告や、普段の日記をふらふらと書かせて頂きます。
どうぞ宜しくお願い致します。


ヒトコト

 空想や魔法が大好きで、妄想を現実にするために舞台をしています。
物を愛でるのが大好きです。こんな空間に居たいなぁという願望を舞台上で叶えるのが気持ちいいです。

 演技は私の一番好きなものを詰め込んで、てんこもりにしています。
私のだいすきなものたちが、皆様にも少しでも愛でてもらえたら、嬉しいなと思っています。

sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitleカウントsidetitle
sidetitle直近の出演予定sidetitle
出演スケジュール(公式HPへ)

9.21.2017
AFTER PARTY TOKYO [鷹島姫乃✴︎誕生祭]
歌舞伎町
詳細(公式HP)

9.24.2017
テンヨーマジックフェスティバル
舞台スタッフ参加

9.29.2017
横浜モザイクモール
施設イベント
詳細(公式HP)
​​
10.7.2017
大和神話伝〜和系女子パフォーマー企画〜
Lady n@n@ × 五十嵐愛 × 鷹島姫乃 × izuma
歌舞伎町 小劇場
詳細(公式HP)

10.14~15.2017
第40回 大須大道町人祭
大道芸フェスティバル
詳細(公式HP)
​​
10.21~22.2017
三茶de大道芸
大道芸フェスティバル
詳細(公式HP)
​​
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleリンクsidetitle