スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GOSHIBUYA MAGIC LIVE Vol.7 だん!

日曜は、何年も前からお世話になっている渋谷さんのマジックライブに出演させて頂きました!

FISM Asiaのジャンボカードの古川さん!
百瀬先生のところの能勢ゆりえさん!
柏マジッククラブの丹波さん!
とゆう豪華な共演者さんとご一緒させて頂きました…!



ゆりえさんはシルクとボールをやってらしたのですが、実はボール手順を拝見するのは初めて。
素晴らしかったです…えぐかった。
でも本当に綺麗な演技。ノンストレス。すらりとはらりと。
魅せられるー…すごくお勉強させて頂きました。

あと嬉しかったのは、百瀬先生に打ち上げで演技についてのダメ出し、コメントをいただけたこと!
百瀬先生に言われるとなんとゆうか説得力が凄くて、色々心が動いてきました。
また少しロープとリングの手順を見せていただいたのですが、まあ、美しいこと。。
愛するとはこゆうことだよなぁ。と思ってきました。
眼福。

それからそれから、古川さんと色々お話できたこと!!
大先輩ですし素晴らしい実績をお持ちなのにも関わらず、とても気さくに接していただいて、そしてまるで同期のコンテスタントと話しているかのように、考えが活き活きとしていらっしゃる!
今のコンテストのなかで、ご自分がどう行きたいかを語っていただいて、思わず私も熱くなりました。
好みや目指すところやこだわる部分は全く違うというか、ほぼ真逆な気がするのですが、でも自分のこだわりは絶対こだわる!ってところが、そしていやこっちも良いでしょう?!と言いたいとゆう気持ちが、凄く共感できて、なんだか嬉しかったです。

そしてこのライブ、お客様がとても温かかった。。本当にいい場所にお邪魔させて頂きました。

渋谷さん、そして今回の件をご紹介くださったU夫妻、どうも有難うございました!!!
すごく楽しかったです!





ちなみに、久々にこいつに逃げられました。くそう。


それでも楽しかったっ!!!




コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle


「いつか見た 夢のような世界」を作り出す和風手品師
その世界はどこか儚く、美しい



名前:
 izuma
公式HP:
http://www.magic-izuma.com
特技:
 手品・ジャグリング・舞台
経歴:
 色彩やストーリーに重きを置く手品師。
幻想的な世界観と表現力が評価され、文化庁芸術団体主催「Magic of MAGIC」やアジア大会に出演。
2011年にはマジックの世界大会FISMの日本代表となり、アジア予選に出場。
東京都公認ヘブンアーティスト合格パフォーマー
近年では香港・マカオなど海外の舞台にも出演。 その他ダンス・大道芸イベントなどでも活動の幅を広げている。

 過去出演舞台一覧

お仕事・お問い合わせ・その他メールはこちらへ↓
sidetitleヒトコトsidetitle

ごあいさつ

 手品師のizumaです。
ここでは私のパフォーマンス活動のご報告や、普段の日記をふらふらと書かせて頂きます。
どうぞ宜しくお願い致します。


ヒトコト

 空想や魔法が大好きで、妄想を現実にするために舞台をしています。
物を愛でるのが大好きです。こんな空間に居たいなぁという願望を舞台上で叶えるのが気持ちいいです。

 演技は私の一番好きなものを詰め込んで、てんこもりにしています。
私のだいすきなものたちが、皆様にも少しでも愛でてもらえたら、嬉しいなと思っています。

sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitleカウントsidetitle
sidetitle直近の出演予定sidetitle
出演スケジュール(公式HPへ)
​​
11.25~26.2017
久留米たまがる大道芸
大道芸フェスティバル
詳細(公式FB)
​​
​​
12.9~10.2017
FalseKnot公演「ROOOOM」
小劇場公演
詳細(公式FB)
​​
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleカレンダーsidetitle
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。